デカフェとは?

デカフェとは、英語表記で「decaf」。「decaffeinated」の略です。

カフェインのあるコーヒーからカフェインを除去したものを指します。
カフェインレス(カフェインの少ない物)、カフェインフリーなど、日本ではいろいろ呼び名がありますが、現在は同じ括りでイメージされていることが多いようです。
世界では「デカフェ」という呼称が一般的に使用されています。

デカフェの需要の多いヨーロッパでは、カフェイン含量率が0.2%以下(インスタントは0.3%以下)、と基準が決まっています。

世界での需要は、すべてのコーヒー流通量のうち実に10%以上をデカフェが占めています。
スペイン、アメリカ、などの欧米諸国での消費が主流で、日本はまだまだ少ないのが現状です。

飲まれている方の理由も様々ですが、カフェインをとってはいけない方、カフェインが身体に合わない方、日々増えているストレス社会のなかでカフェインをとると眠れないなど他にもありますが、これからのデカフェは、みなさんのライフスタイルの一部になっていく可能性を感じるコーヒーです。

けれども、美味しくなければ、どなたも召し上がりませんよね。
ぜひ、innocent coffeeをお試しください。

写真はカフェインを除去したあとの生豆です。この麻袋に入ってコロンビアから輸入されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました