【つながるデカフェ】第6回 姉妹店・デカフェ専門店Dcafeがオープンいたしました

つながるデカフェ第6回は、7/28・ナニワの日にオープンしましたinnocent coffeeの姉妹店、デカフェ専門店Dcafe様をご紹介いたします。

関西国際空港から車で12分、りんくうタウン駅から徒歩10分という立地に、新たにゲストハウスHASEGAWA Rinku Guest House Westがオープンしました。

このゲストハウスの1階のカフェが、今回ご紹介いたしますDcafeです。

2階建てのゲストハウスが目印。階段の左側が入り口です。

代表取締役の長谷川好伸様は、泉佐野市で用地開発事業、不動産売買事業などを行う会社を経営されています。
空き家や耕作放棄地の増加問題、地域の活性化に高い関心を持ち取り組みを続ける中で、2018年からは訪日観光客の増加に目を向け、空き家を活用したゲストハウスの運営をスタートいたしました。

「一橋大学名誉教授である、関満博先生の講義中に楡井社長の話を伺いました。コーヒーに対する取り組みやデカフェについての話をお聞きし、ぜひ会ってみたいと思ったのでシュクレに伺いました。その後も何度かお会いするうちに、自分でもカフェをやってみたいと思うようになりました。」

長谷川様が自らバリスタとして店頭に立ちます。
今回Dcafeをオープンするにあたり、軽井沢焙煎所で楡井と共にみっちりバリスタ修業を受けてくださいました。

店内は木を基調とした温かみのある雰囲気。
贅沢に一本木を使用したカウンターが特に目を引きます。
実はカフェだけではなく、ゲストハウス全てに紀伊田辺から霊峰高野山に連なる森の木が使われており、建物の中は木の清々しい香りに包まれています。
これには、きちんと日本国内で出自の分かる木を使用することで森を保全し、日本の林業を支えていきたいという長谷川様の想いが込められています。

長谷川様の“直感”から7月でちょうど1年が経ちます。
デカフェのことだけではなく地域社会の活性化、コミュニティの創造という点でも意気投合した結果、実現したのが姉妹店であるDcafeです。

「made in JAPAN DECAFは身体にも優しく、何より美味しい。人を助けるコーヒーになると確信しています。ゲストハウスにいらっしゃるお客様にもぜひ飲んでいただきたいと思いましたし、せっかくやるのであればその思いがブレないようにしたかったため、デカフェ専門店として全面的に導入することに決めました。」

Dcafeにはinnocent coffeeの全ての商品が並びます。
これまでご案内ができていなかった関西方面の皆様にも店頭で商品をご覧いただけるようになりました。

「ゲストハウスに泊まってくださる方はもちろんのこと、カフェを訪れる全ての方にほっと一息ついていただきたい。皆さんに至福の1杯を提供いたします。」

 

笑顔の長谷川様。取材に伺った日も温かく迎えてくださいました。

長谷川様が私たちのデカフェへの想い、美味しい1杯のコーヒーのために大切にしていること、その全てに共感し、応援していただいたことでDcafeは誕生いたしました。
人と人とのご縁、そしてコーヒーが結んだご縁に私たちは支えられていると、改めて感じております。

Dcafeを通じて、これまで以上にたくさんのお客様にお会いできることを楽しみにしています。

■店舗プロフィール
店舗名:デカフェ専門店Dcafe(ディ・カフェ)
住所:大阪府泉佐野市大西2丁目4番5号
営業時間:13:00~22:00、不定休
電話番号:072-462-3345(FAX:072-462-3308)

※休業日につきましては公式Facebookより随時お知らせいたします。
お手数ですが事前にご確認をお願いいたします。

文:松田
撮影:松田正幸

コメント

タイトルとURLをコピーしました