about us

2015年6月、innocent coffee誕生。

innocent coffeeの原点は、1998年に開店した 曳舟の小さな自家焙煎コーヒー店です。たくさんのお客様の笑顔に支えられ、多くの卸先様にも恵まれながら、珈琲道を歩んで参りました。

2014年、ある素晴らしい実力の豆との運命の出会いがきっかけとなり、デカフェ・スペシャルティコーヒー専門ブランドを立ち上げる決心をしました。

「デカフェは味がもの足りない」と言う通説は、真心をこめた努力でくつがえすことができる。

ひたすら良いものを求めて選び、最高の状態で輸入し、技術と愛情をこめてローストし、出荷の瞬間まで決して気を抜かず徹底した鮮度管理を行うことで、真のコーヒー好きの方にこそ自信を持ってお奨めしたい、本当に美味しいデカフェができました。

イノセントコーヒー。純真無垢な珈琲愛のブランドです。


楡井有子 Yuko Nirei

ロースター/ innocent coffee 代表

1968 年東京生まれ。コーヒーとの出会いは、初めてのアルバイト先であった喫茶店。社長にコーヒーの道に進むことを勧められ、自らものめり込むように勉強を重ね、1998 年に生まれ育った墨田区で自家焙煎店を開業。
2004 年、フードメニューも展開する「カフェシュクレ」開店。
コーヒーセミナーの企画、講演活動、コーヒー関連器具の開発監修に携わる。自他共に認めるスーパー珈琲オタク。コーヒーで幸せ創りをすること、次世代のロースターを育てることが夢。二児の母。

沿革 history

1998年 「Mr.Beans曳舟店」として墨田区八広一丁目で開店
珈琲豆・輸入食品・輸入雑貨を中心に販売。
2004年 「Café Sucre」開店。(現・墨田本店に移転)
自家焙煎珈琲専門店として、珈琲豆の販売の他、イートインサービスも始める。
2006年 スペシャルティーコーヒーを中心に珈琲豆の卸事業を開始。
チンバリ社製のエスプレッソマシーンを導入しバリスタの育成を始める。
スタッフがバリスタチャンピオンシップ予選出場。
インターネットショップを開設
2008年 ロースター、バリスタ、コーヒーマイスター、コーヒーインストラクターの資格をもつ女性スタッフによる体制を確立。
女性ならではの感性を生かした雑貨等を含む珈琲ギフトも提案。
2010年 スタッフがバリスタチャンピオンシップ予選出場。
2011年 Un Cafe Sucre(アンカフェシュクレ)株式会社設立。正社員を雇用。
コーヒー豆を使用したオリジナルスイーツの販売開始。
2012年 スタッフがバリスタチャンピオンシップ予選出場。
東京都美術館ミュージアムショップ様とコラボ新商品を開発、販売開始。
スカイツリー内ソラマチの AZUMACHO CAFE様とコラボ新商品を開発、発売開始。
2013年 スタッフがバリスタチャンピオンシップ予選出場。
ジャパンハンドドリップチャンピオンシップ、決勝進出。
「すみだモダン」入賞。
2015年 ジャパンハンドドリップチャンピオンシップ、社員の高橋が優勝。
2015年 スペシャルティデカフェに特化したブランド【innocent coffee】立ち上げ、商標取得。
kaicoシリーズ(小泉誠氏デザイン)のドリップケトルを技術監修、シュクレオリジナルカラーをWEBで販売開始。
(同器具を使用しチャンピオンシップにて優勝。以降、コーヒー器具開発に積極的に携わる。)
中軽井沢に【軽井沢焙煎所】を新設。卸向けを軸に、オリジナルブランドの自家焙煎を行う。
イートインスペース【innocent coffee cafe】(夏季限定)を併設。
現在、コーヒー豆の製造、販売、食品メーカーをしての活動に力を入れております。

innocent coffee

本店 
〒131-0032
東京都墨田区東向島 2-31-20
TEL 03-3613-7551
軽井沢
焙煎所
〒389-0011
長野県北佐久郡長倉2955-15
TEL 0267-31-0976
お問い合わせはこちら